うにイズム

福岡で働いているIT関連です。主にWEB界隈と福岡のことを書きます

一般社団法人のゴミ箱機能。不要な不動産を所有させて放置して差し押さえてもらうという話

なるほどなー。と思った話。

箸にも棒にも掛からぬ土地(不動産)ってやっぱり実在します。
借り手もいないし、買い手もいない。自分で使いようにも使えない。

そんな土地どうする?って話があるわけなんです。

 

それでも、固定資産税などの税金はかかってくるわけですから、所有者からしたら、お荷物でしかない。国(自治体)に寄付しようとしてもそんな土地はいらないといわれる。どうしようもないです。

 

最終的には次の相続する人が相続放棄するしかないのかなぁと思っていたわけですが、そうするとプラスの財産も相続できないことになってしまいます。

 

一般社団法人のゴミ箱機能

一般社団法人を作る。そこがその土地を買う。資産はその土地だけ。所有権が社団法人にうつるから固定資産税などはその社団法人に請求が行く。払わない。差し押さえ。

Fin.

 

理事についても、第二次納税義務について地方税法には規定がないということになっているそうなので理事がその責任を負うこともないとか……。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~shirai-taxtrust/migi/genkou/sokuzeibessatsu/tokusyu22.pdf

 

制度を悪用している感は否めないところだけど、どうしようもない土地を持っていて、その負担が大きい時はこういう方法もあるということは知っておくだけでもいいかもしれませんね。

 

なお、実際にやろうと思うなら自己責任で、専門家のアドバイスを借りながらやったほうがいいですよ。